FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季報をみよう その4 ほかに見るべきもの

四季報をみよう その4として、他に見るべきものを紹介します。

企業概要のコメント欄を読みます。
ここには会社の業績について2行ほどで簡潔にまとめてあります。
ここは悪いことより良いことが書いてあるほうがいいでしょう。

従業員の人数、平均年齢、年収を見ます。
人数や平均年齢から会社の感じを、自分が勤めている会社と比べて考えてみます。
他の項目からみた、会社のイメージと極端に違わなければいいでしょう。
(同業種の平均と違うとか。社名は若そうなカタカナだけど、平均年齢が意外と高めとか。
平均年齢が家族を養う世代なのに、給料が低いとか。)

株主構成を見ます。
ここで見るのは海外の機関が株を持っているかです。
海外の機関(金融のプロ)が持っているということは、有望な可能性が高いです。
彼らは、絶対にそこから利益を取るつもりで入っているからです。
ただし、売られる可能性も高いのでそこは注意してください。
逆にまったくない場合も、これから入るかもしれませんので
入っていないことは覚えておいてください。
上がる初期段階では、機関がいることは必須ではありません。
むしろこれから入ってきてもらうほうがウエルカムです。
彼らが入ってきたくなるような株を先に選んでおきましょう。

配当情報を見ます。
配当は、年2.5%以上あれば、株を持ち続けようと思う人が多くなります。
また、配当は額も大切ですが、実は回数も大切です。
配当回数の多さは、株価の安定につながります。
こかぶはなるべく年2回くらいのものを選んでいます。
配当はこかぶに取って必須ではありませんが、
市場の多くの人は配当が出ることで買うことが多いです。
なので配当が高く、回数の多い株は人気があるし買われる要素の一つ
ということを覚えておくといいかと思います。

ROEを見ます。
最後にROEを見ます。
四季報を見よう1,2,3,4 全てクリアしてここまでくると、ROEは高いほどいいです。
投資するなら10%以上がいいでしょう。(自己資本がそれなりに高いことが前提です。)
ROEについては、後日詳しく書きたいと思います。

四季報も情報をすべて網羅している、正しいと言い切ることはできませんが
日本の往年の百戦錬磨の投資家たちは、ほぼ必ず四季報を読んで投資しています。
そして彼らは資産を築き、まだ市場で粘っているはずです。

長い歴史を持ち、投資家たちの道標となってきたことを考えると
利用しないのはもったいないので、ぜひ参考にしてください。

(注:以上はこかぶの個人的意見です。実際の銘柄選びは自己責任でお願いいたします。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。