FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資をギャンブルにしないために 1

株式投資はギャンブルですよね?
そう聞かれたらこかぶは「違います。」と答えます。

こかぶが実際にやってみたギャンブルは宝くじだけです。
ただ、株式投資以上に利益を出せたことはありません。
宝くじを買うより、株式投資を真面目にやったほうがいいと思っています。

ギャンブルといえば、パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪、
宝くじ(ジャンボくじ、ロト、ビッグ)、海外のカジノあたりでしょうか?
宝くじ以外、実際に賭けたことはありません。
負けるのがわかっているからです。

例えばパチンコです。パチンコ店を経営したり、パチンコ台を作っている
会社の何社かは上場しているので株を買うことができます。
パチンコにはまって、お小遣いや給料をすり減らす人がいる一方で、
その会社の株を買い、株主となり配当などの利益を得ている人がいるのです。

この時点で、パチンコは自分が楽しむだけで、勝って利益を出すということが
いかに難しいことかということがわかります。
なぜなら会社は利益追求のために行動しています。
いくら客から取り上げて、いくら客に戻すのかを決めるのは店側です。
払い戻しのルールは常に相手の手の内にあるのです。
そして店側は絶対に損をしないように調整できるのです。

以前、パチンコチェーンのオーナーがコレクションした高級スポーツカーの
展示を見に行ったことがあります。何台ものフェラーリがずらりと並び、
それはオーナーの所有物でした。
パチンコにお金をつぎ込む客はオーナーにそういったものを与えるために
行動しているわけではないのでしょうが、結局そうなっているのです。

また、宝くじ、競馬、競艇、競輪などは公営のギャンブルです。
ここでも払い戻しのルールが決まっています。
払い戻しの額は、自分が賭けた額以下になり、
それより多く戻ることはありません。

ギャンブルは全員が勝つことはあり得ず、誰かが利益を得た場合、
他の誰かが損をしています。そして開催者は必ず利益を確保しています。

株式投資は、誰かが自分の利益を制限しません。
誰かが儲かったからといって、自分が損をするわけではないのです。
株式投資は、証券会社に支払う手数料と利益にかかる税金以外
得られた利益は自分のものです。

一般にギャンブルといわれるものと、株式投資は仕組みがまったく違うのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。