FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家として ちょっと思うこと 徒然

5/31のWBSでエニグマペイの紹介がされていました。
企業向けにバイト代などの給与の日払いサービスシステムを提供しているようです。

日払いになると、バイトの応募率が3.7倍も上がるそうで(WBSより)
人手不足の救世主となるかといった感じで
肯定的に紹介されていました。

内容は大まかにこうです。雇用主に変わって
エニグマペイがバイト君の申請に応じて、労働済みで未受領の給料を
立て替え払いをする。
変わりにエニグマペイは、バイト君から支払額の6%+100円の手数料を
受け取る。
後日エニグマペイは雇用主からバイト君のバイト代全額を受け取ります。

バイト君は、日払い申請して10000円を受け取るなら、
6%の600円+手数料100円の計700円をエニグマペイに払うことになります。
バイト君の受け取り分は9300円です。
このシステム利用の費用はバイト君のみが払い、
雇用主は負担する必要はありません。

株で投資額の年8%利益の目標をこかぶは立てていますが、
こういったやり方は、ちょっと眉をひそめてしまいます。
システムでお金を循環させるだけで6%を確実に取っていけるのです。
考えてみると、エニグマペイのリスクはゼロに近いです。
ある程度の導入希望会社と、日払い希望のバイト君の数が集まれば(目標20万人)
会社にとって結構な収入になるのではないでしょうか.......

6%は、銀行の利子がごくわずかな現在、はっきり言ってかなりのものです。
数百円と思うかもしれませんが、塵も積もれば結構な額になります。
それを時給で働くバイト君達から取っていくって...果たしていいのかな
と思ってしまいます。東京都の平均時給は1000円ちょっと。
1日8時間働いて、8000円。その中から6%+手数料を持ってかれると考えると
自分がバイト君だったら嫌です。

お金がどうしても必要で、働いた分はすぐに欲しいという人も
世の中にもいるので、なんともやり切れませんが
それでも、便利、簡単と6%+100円を引かれた給料を喜んで受け取らせて、
それを当然と思わせる風潮は、さすがにヤバいのではないかと心配してしまいます。

カードローンやリボ払いになるよりはましという意見もあるでしょうが、
それも率の違いで、実は本質的な大差はあまりありません。
利用者もそれを理解して利用することを祈るしかないです。

株式投資をしているこかぶが語るのもなんですが、
資本主義の世の中、お金をとっていく仕組み(ビジネス)が
巧妙になってきているなと感じます。皆さまも気をつけて。

(注:以上はこかぶの個人的意見です。実際の利用者やビジネスを
   否定するものではありません)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。